2016.02.05更新

こんにちは。院長の栗原健二です。寒い日が続きますが、皆さんお変わりなくお過ごしでしょうか?この時期、水道の水はかなり冷たいですよね。そのような冷たい水でうがいするとジワ―としみたり、歯ブラシで擦るとズキズキと歯が痛むような症状はありませんか?特に歯には穴があいたり欠けたりしているわけでもないのに、このような症状が出る方は結構いらっしゃると思います。これは知覚過敏という状態です。かなりの方がこのような症状をお持ちです。このような症状は時々なる方、ずっと続く方など出かたは人によってまちまちです。原因は、くいしばりや歯ぎしりなどによる歯に対する過度の負荷が続くことによって、歯の神経が過敏になったり、硬い歯ブラシで大きく横磨きをすることによって歯茎が下がってしまい、歯の根の部分が露出した状態になり症状がでる場合などです。人によっては直ぐに治まってしまうのでそのまま経過をみる方もいらっしゃいますが、このような症状の時は直ぐに歯科を受診すると良いでしょう。今はこの知覚過敏に対する材料が豊富に出ていますので、かなり強い症状の場合でも直ぐに楽になります。よく知覚過敏用の歯磨き粉の宣伝をやっています。確かに歯磨き粉も効果はあるのですが、即効性がなく、歯磨き粉を毎日使用してそれが無くなるころにやっと治まったかなというようなものなので、早く治したい場合は歯科を受診することを勧めます。ただ知覚過敏だと思ったら、実は虫歯だったということもありますので、いずれにしろ直ぐに歯科を受診して下さいね。

投稿者: 栗原歯科

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

小児矯正の無料相談
歯のお役立ち情報
院長ブログ
栗原歯科スタッフブログ
当院が紹介されました!