2015.07.27更新

"みなさん、こんにちは。
栗原歯科の院長、栗原健二(くりはらけんじ)です。

前回、クリーニングは歯をきれいにするので、クリーニング中は痛くなくむしろ気持ち良いものだというお話をしました。
クリーニングを受けると、確かに歯石が除去されて細菌が住み着きにくい、衛生的な歯になります。それに、表面を磨くので、しばらくは汚れが付きにくい状態になります。

しかし、クリーニングの魅力はそれだけではありません。
クリーニングでは、歯磨きでは取りきれない、もう一つの「あるもの」を除去します。

それは「着色汚れ」です。

カレー、タバコ、赤ワイン、紅茶、緑茶、コーヒーなど、歯に色素が付いてしまう食べ物や飲み物はたくさんあります。
皆さん、いま鏡を見て、歯を「いぃぃー」としてみてください。
きれいな白い歯をしていますか?

もし着色汚れが付いている場合は、その着色汚れを落とすことができ、かつ歯の健康にも繋がるクリーニングをぜひ受けに来て頂ければと思います。

健康な歯、白い歯。どちらも手に入るのがクリーニングの良いところです。"

投稿者: 栗原歯科

2015.07.21更新

"みなさん、こんにちは。
栗原歯科の院長、栗原健二(くりはらけんじ)です。

これまで歯周病がどういう病気なのか、どんなケアが有効なのか、そしてどういった人がなりやすいのかなどをお話してきました。

そしてどんな方にも共通して言えるのは、定期的に歯医者さんでクリーニングを受けることは大事です、ということです。
繰り返しになりますが、歯磨きだけではどうしても取りきれない汚れがありますし、歯周病は自分で進行状況を把握するのが難しい病気です。
そのため、定期的にプロにチェックとお掃除をしてもらうことが必要になります。

実は、このクリーニング、全く痛くないどころか、気持ち良いと仰る患者さんが多く、中には寝てしまう人もいるくらいなのです。
それもそのはず、特に歯を削ったり歯茎を刺激したりするわけではなく、歯石を丁寧に削り取り、歯の表面を磨くので、とっても心地良いんです。

そして、クリーニングが終わった後は、お口の中がサッパリとして、また別の気持ち良さを感じて頂けるかと思います。

これまでは、歯医者さんに行ったら痛い治療をされるというイメージをお持ちだった方も、ぜひ「歯医者さんは、気持ち良いクリーニングをしてもらうところ」と思って頂けると嬉しいです。

健康的で気持ちの良い歯を手に入れましょう!"

投稿者: 栗原歯科

2015.07.13更新

"みなさん、こんにちは。
栗原歯科の院長、栗原健二(くりはらけんじ)です。

歯周病は日本の成人の8割がかかっていると言われていますが、もちろんその程度は様々です。
既に歯茎や骨がボロボロで、今にも歯が抜けてしまいそうな人もいれば、歯周病菌はお口の中に生息しているが、上手くコントロールして歯茎や骨に大きなダメージを受けていないという人もいます。

それでは、歯周病が悪化してしまうのはどんな人なのでしょうか?
タバコを吸う人、歯がきちんと磨けていない人、食生活が乱れている人、身体の疾患がある人など、いくつかありますが、意外と多いのは「昔、虫歯になったことのない人」です。

小さい頃に虫歯にならなかった人は、歯医者さんは自分とは関係のないところだと思っていることが多く、自分は歯が強いから大丈夫だという過信もしてしまいがちです。
しかし、実際には虫歯のなりやすさと歯周病のなりやすさは違いますし、自覚症状なしで少しずつ顎の骨が溶かされていても自分では気付けません。
歯医者さんでよく治療を受けている人の方が、歯磨き指導をされたり、レントゲン撮影をしたりして、良い意味で他人が関わっているため悪化しにくいのです。

もう何年も歯医者さんに行ってないという方は、ぜひ一度当院で検査を受けて頂ければと思います。
もちろん、それで何の問題もなければ、引き続き安心して生活ができますし、少なくとも歯磨きで落としきれない汚れを落とすことはできますので、行って損ということはないはずです。"

投稿者: 栗原歯科

2015.07.10更新

"みなさん、こんにちは。
栗原歯科の院長、栗原健二(くりはらけんじ)です。

当院では顕微鏡検査を実施して、患者さんにお口の中の細菌を見て頂くというお話をしました。
では、もし歯周病菌がたくさんいたら、どう改善していくのでしょうか?

通常は、クリーニングと歯磨き改善によって、とにかく衛生的なお口の環境を作るのが主な歯周病治療になりますが、栗原歯科では、これに加えてお薬の治療も行っています。

みなさんは抗生物質ってご存知ですよね?
風邪を引いた時などに飲む、細菌を殺すお薬です。

実は、お口の中の細菌に効果のある抗生物質も開発されており、当院ではその飲み薬を処方しています。
外からは衛生管理をして、中からは細菌をやっつける。
これを並行して行うことで、歯周病菌の数をグッと減らすことができるのです。

どちらも治療に痛みは伴いませんので、「歯医者さんは怖い!痛い!」と思っていらっしゃる方も、ぜひ安心して歯周病ケアを受けて頂ければと思います。"

投稿者: 栗原歯科

小児矯正の無料相談
歯のお役立ち情報
院長ブログ
栗原歯科スタッフブログ