2015.12.21更新

"みなさん、こんにちは。
栗原歯科の院長、栗原健二(くりはらけんじ)です。

これまでに、痛くない麻酔を実現した電動麻酔器、衛生管理を徹底するためのオートクレーブ・ホルホープ・アシデントをご紹介してきました。
今日は実際の治療に使う器具として、レーザー治療をご紹介させて頂きます。

これは、その名の通り、レーザーで治療をするのですが、一体どういった時に使用するのでしょうか?
このブログを初回からお読み頂いている方はもうお分かりかと思いますが、歯周病で歯茎が腫れてしまったり、膿ができてしまったりした時に使用しますね。

しかし、実はそれだけではないのです。
このレーザー治療器は万能で、口内炎の治療にも使えますし、虫歯が進行して神経を取らないといけない時、知覚過敏の症状を抑える時、何かしらの原因で歯やお口の周りが痛む時などにも使用することができます。
いずれも、レーザーですので直接患部を触ることもなければ、もちろん切開する必要もありません。
レーザーは、ある意味で身体に優しい治療なのです。"

投稿者: 栗原歯科

2015.12.14更新

"みなさん、こんにちは。
栗原歯科の院長、栗原健二(くりはらけんじ)です。

前回は、衛生管理をする機材として、オートクレーブのご紹介をさせて頂きました。
圧力をかけることで、高い温度環境を作り出して、菌を死滅させるということでしたが、実はオートクレーブはどの歯医者さんも使っていて、ほとんど差がありません。
(性能に少しの差はありますが)

大事なのは、オートクレーブ以外の滅菌処理器械があるかどうか、ということです。
なぜなら、治療に使う機材の中には熱に弱いものもあり、そういった機材はオートクレーブでの滅菌処理ができないからです。

そこで栗原歯科が導入しているのは、ホルホープと呼ばれるガス滅菌機です。
これはホルマリンガスという、殺菌効果のあるガスを使用して、常温で機材を滅菌処理することができる優れものです。

さらに、アシデントと呼ばれる機材もあり、こちらは弱酸性の電解水を生成しますので、この水で機材を洗浄することで殺菌することができます。

オートクレーブだけでなく、ホルホープとアシデントも併せて使うことで、さらに確実な衛生管理ができるようにしているのです。"

投稿者: 栗原歯科

2015.12.08更新

"みなさん、こんにちは。
栗原歯科の院長、栗原健二(くりはらけんじ)です。

前回は、機材紹介第一弾として、圧力をかけ過ぎない電動麻酔器のご紹介をしました。
今日は衛生管理機材として、オートクレーブのご紹介をさせて頂きます。

歯医者さんでは、いろいろな器具をお口の中にいれて処置を行いますよね?
ですから、しっかりと滅菌処理ができる機材は必要不可欠なのです。
少しでも菌が残っていたら、院内感染の原因になってしまいますので。

オートクレーブは、日本語では高圧蒸気滅菌器と言い、高い圧力をかけることで温度も高くし、菌を完全に殺す処理を行うことができます。
お湯での煮沸でもある程度の菌は殺せますが、中には100℃で30分くらい煮沸しても死なない菌がいます。
オートクレーブなら、そこに圧力をかけることで100℃以上の状態を作り出すことができますので、ほぼ全ての生物を死滅させることが可能になります。

どうせ歯の治療を受けるなら、しっかりと衛生管理をしている歯医者さんで受けたいですよね。
栗原歯科は、しっかりと滅菌処理をした機材を使って治療を行っていますので、どうぞ安心してお越しくださいませ。"

投稿者: 栗原歯科

2015.12.01更新

"みなさん、こんにちは。
栗原歯科の院長、栗原健二(くりはらけんじ)です。

このブログでは、普段なかなか説明しきれないことを、マメ知識としてお伝えするのが一つの目的ですが、おそらく院内にある機材紹介もそれに該当するのではないでしょうか。

歯医者さんに行くと、院内にいろいろな機材が置いてありますが、おそらく何に使っているのかよく分からないという方が多いと思いますので、いくつかピックアップしてこのブログで説明させて頂きます。

今日はまず「電動麻酔器」について説明しますね。
みなさん、麻酔の注射は好きですか?おそらく好きな方はいませんよね(笑)
なぜなら、痛いからでしょう。

近年は、麻酔もいろいろと発達してきていて、痛みが少ない麻酔というのが開発されています。その中の一つが電動麻酔器です。
麻酔が痛い理由として、麻酔液が体内に入る時の圧力が挙げられます。
体内に外から液体を注入するので、グイーっと押し込んだら、それはもちろん痛いですよね。

そこで考案されたのが電動麻酔器です。
これは、麻酔液を一定の圧力でゆっくり入れていくように設計されているため、麻酔を入れるときに強すぎる圧がかかって痛みを感じることがありません。

さらに、この電動麻酔器を使う前に、当院では表面麻酔と呼んでいるジェル状の麻酔を歯茎に塗りますので、最初のチクっという痛みもかなり和らぎます。

歯医者さんの治療は痛いと思っていらっしゃった方も、かなり誤解が解けたのではないでしょうか?
何かありましたら、怖がらずにすぐにご相談にいらしてくださいね。"

投稿者: 栗原歯科

小児矯正の無料相談
歯のお役立ち情報
院長ブログ
栗原歯科スタッフブログ
当院が紹介されました!