歯ぎしり・顎関節症

「顎が痛い」「開けづらい」「開けるときに音が出る」といった方は、ご相談にいらして頂ければと思います。

噛み合わせが合っていないこと強い噛みしめ癖があることが原因で、顎の筋肉が緊張したり関節がズレたりして、顎関節症になってしまうことがあります。当院では、マウスピースによる治療や、お口を開けるための顎のトレーニングを行っています。

顎関節症のもう一つの原因は歯ぎしり

顎関節症のもう原因の一つは歯ぎしりで、寝ているときに強い力で噛みしめることで、顎だけでなく歯も大きなダメージを受けてしまいます。顎関節症の自覚症状がなくても、ご家族に歯ぎしりの指摘をされる方は、一度検診で歯の状態と併せてチェックするのがお勧めです。

小児矯正の無料相談
歯のお役立ち情報
院長ブログ
栗原歯科スタッフブログ