根管治療

「一度治療したのに痛くなった」
「治療を途中で放置してしまった」
という方には再治療をおすすめしています。

虫歯がかなり進行してしまったときや、歯の根っこに膿ができてしまったときは、歯の根っこを治療することになります。
通常の「削って詰める」虫歯治療とは異なり、特別な細いドリルのようなものを使って、歯の根っこの中にある菌をきれいに取り除き、薬を詰めて被せ物をします。
その際、少しでも細菌が歯の根っこに残っていると、再び歯の中で細菌が繁殖してしまい、腫れ、膿、痛みなどが出てきてしまい、最終的には歯を抜かなければならなくなってしまいます。

当院の根管治療

当院では、腫れ、膿、痛み、歯を抜くというリスクをできるだけ抑えるために、丁寧に歯の中をお掃除していくようにしています。
また、処置中に唾液が治療箇所に触れてしまうと、細菌が歯の中に入り込んでしまうため、必要に応じてラバーダムと呼ばれる唾液防止シートを使用しています。

 

小児矯正の無料相談
歯のお役立ち情報
院長ブログ
栗原歯科スタッフブログ
当院が紹介されました!