虫歯治療

なるべく痛くない、削らない治療をこころがけております。
仕上げはできるだけ白い人工樹脂を使い治療跡が目立たないように

できるだけ痛みを抑えた治療

麻酔を打つ前には、ジェル状の表面麻酔を歯茎に塗り、電動麻酔器でゆっくりと圧をかけ過ぎないように麻酔液を注入していきます。そうすることによって、従来のように「歯医者で治療を受けるのは痛い」ということがなくなりました。

ご希望の方には、レーザー治療も実施

ドリルの音や振動や気になって緊張してしまうという方には、レーザーを用いた治療を行っています。治療器具が歯に接触しないため、あの独特のドリル音や振動が発生しません。

白い素材を使った、きれいな仕上がり

保険治療の際は、CR(コンポジットレジン)と呼ばれる白い人工樹脂か、いわゆる銀歯と呼ばれる金属の詰め物・被せ物を使用することになります。治療箇所や削った穴の大きさにもよりますが、当院ではできるだけ白い人工樹脂を使い、目立たないように仕上げるようにしています。

小児矯正の無料相談
歯のお役立ち情報
院長ブログ
栗原歯科スタッフブログ