入れ歯

「痛い」「違和感がある」「噛めない」
そんな入れ歯のお悩みがある方は、当院へご相談ください。

美味しい食事、家族や友達との会話、笑顔・・・。日々の生活を楽しむためには、お口の機能や見た目はとても重要です。せっかく入れ歯を作ったのに、痛くて結局使っていない方や、我慢して使い続けている方はいませんか?当院は、患者さんが納得いくまでしっかりと調整を続けていきますので、入れ歯でお悩みの方は、お気軽にご相談にいらして頂ければと思います。

入れ歯づくりで大切なこと

当然ではありますが、お口の形は一人ひとり違いますので、入れ歯を作る際には「どこまで患者さんのお口に合ったものに仕上げるか」がとても重要になります。当院では、マニュアル通りにただ入れ歯を作るのではなく、できあがったものが患者さんのお口に合っているのかをしっかりと確認し、使い始めてからも気になるところは何度でも納得頂けるまで調整を続けていくようにしています。

今お使いの入れ歯、満足できていますか?

痛い、違和感がある、噛めない。そんな入れ歯を我慢して使っている方はいませんか?当院は、他院でお作りになった入れ歯の調整や修理も行っており、患者さんにご満足頂けるようにしっかりと調整をしていきます。今お使いになっている入れ歯も、ほとんどの場合は調整だけである程度改善できますので、お気軽にお持ちください。

入れ歯メンテナンス

せっかく作った入れ歯を長く快適にお使い頂くためには、メンテナンスが欠かせません。入れ歯を使っていくうちに、お口の中の形や残っている歯の状態が変化していくため、その都度調整するようにしましょう。また、入れ歯をお持ち頂きましたら、院内の機器を使った洗浄も行います。いつまでも快適な入れ歯ライフを送って頂くためにも、定期的なメンテナンスを続けていくようにしましょう。

当院で扱っている入れ歯の種類

レジン床デンチャー(保険診療)

プラスチック製の床(土台)の上に人工歯を並べ、金属のバネでお口の中に固定します。厚みがあり、変色や摩耗もしやすいというデメリットがありますが、保険が適用されるため、経済的な負担は抑えられます。

マグネットデンチャー

残っている歯の根っこやインプラントに金属を埋め込み、磁石の力で固定します。取り外しがしやすい、いつも同じ位置に装着できる、入れ歯に力が加わってもお口には負担がかからない、といった特徴があります。そして、歯の根っこで入れ歯を支えるため、他の入れ歯と比べて「しっかりと噛める」ことが一番のメリットです。無理に自分の歯を残したままにしておくと歯も歯茎も骨も弱っていってしまうため、歯の根っこが残っているうちに早めにマグネットデンチャーに切り替え、しっかりと噛める機能を維持する方が良い場合もあります。

金属床デンチャー

金属のフレームを使用しているため、薄く軽く仕上げることができ、お口の中の違和感がかなり軽減されます。さらに金属は、強度が高い、熱が伝わりやすく食事を楽しみやすい、雑菌や汚れが付着しにくいという性質もあります。

コンフォートデンチャー

接触部分に柔らかいシリコンを使用しているため、お口に大きな負担がかからず、吸着力も高まります。その使い心地の良さから、コンフォートデンチャー(快適な入れ歯)という名前がついています。

ノンクラスプデンチャー

金属のバネがないため、お口を開けたときも入れ歯を使っていることがほとんど分かりません。土台は、柔らかく無味無臭の樹脂でできているため、装着時の違和感も軽減されます。

小児矯正の無料相談
歯のお役立ち情報
院長ブログ
栗原歯科スタッフブログ
当院が紹介されました!