矯正歯科

子供のうちだから、できることがある。

歯並びは、噛み合わせや呼吸といった身体の大事な機能にも大きく関係しています。成長期の子供なら、発育に合わせてお口周りの環境もある程度コントロールすることが可能ですので、早めにご相談にいらして頂ければと思います。

小児矯正

小児矯正のメリット

乳歯が生えてきてから永久歯に生え変わるまでの時期は、歯だけでなく顎・顔つき・脳なども変化しており、この時期に正しい歯並びを実現する、もしくはそのための準備をしておくことが重要です。大人になってからの矯正治療では、歯をきれいに並べるためのスペースを確保するために、一部の歯を抜く必要があることが多いのですが、そうすることによってお口の中の容積は小さくなり、呼吸しにくくなってしまうことがあります。また、反対咬合(受け口)の場合は、下顎の一部を切除しなければならなくなってしまうこともあります。しかし、子供の頃から発育を上手くコントロールしてあげれば、こういったリスクを大幅に軽減することができ、きれいで健康的な歯を手に入れることができるのです。

小児矯正の方法

床矯正

顎の発育を促し、歯がきれいに並ぶのに十分なスペースを確保します。この矯正装置は自分で取り外すことができるため、食事や歯磨きはこれまで通りに行って頂けます。また、お子さんがどうしても学校につけていきたくないと希望される場合には、学校以外の時間帯のみ装着することで矯正治療を進めていくこともできます。

ムーシールド

反対咬合(受け口)になってしまう大きな原因の一つは、実は舌にあります。舌は、口を閉じたときに上の歯の付け根くらいに接しているのが正常な状態ですが、舌が通常より低い位置にあるお子さんもおり、舌の力が下顎を前に押し出すように働いて受け口になってしまいます。ムーシールドは就寝中に使用するマウスピースで、舌の位置が上に来るように矯正し、下顎の成長を抑えます。

成人矯正

矯正に年齢制限はありません

成長期の方が矯正治療を行いやすいのは事実ですが、大人になってからでも、歯並びを治すことは十分に可能です。歯並びが悪いと、人前で自信を持って笑ったり話したりすることができなくなるだけではなく、お手入れが行き届きにくくなり、歯を失ってしまうリスクも高まります。歯並びが気になっていたけど、きっかけがなくなんとなく放置してきてしまったという方も、ぜひ当院へご相談ください。

成人矯正の方法

目立たないブラケット矯正

歯にブラケットと呼ばれる装置を取り付け、ワイヤーで引っ張る矯正方法です。この方法は最も歯を動かしやすいのですが、装置が目立つというデメリットがありました。しかし、当院のブラケットは透明な素材を使用しているため、お口を開けたときも矯正装置を付けていることが目立ちません。

アソアライナー

マウスピースによって歯に力を加えて動かしていく矯正方法です。透明で目立たないという特徴の他に、取り外し可能でお食事はこれまで通り楽しんで頂くことができるというメリットがあります。

小児矯正の無料相談
歯のお役立ち情報
院長ブログ
栗原歯科スタッフブログ
当院が紹介されました!